毎月、無利息期間のあるノーローン

消費者金融で今すぐ 借りる時にどうしても気になるのが金利です。貸金業法が施行されたことで消費者金融の金利が低くなったとはいえ、やはり銀行に比べると割高感はぬぐえません。

最近はどこの消費者金融でも、「無利息期間」のサービスを設けていますが、初めて契約した時の1回きりなので、2回目からは通常の金利が掛かります。

ところが、消費者金融の中で唯一毎月、無利息期間を提供しているところがあります。それは、新生銀行のグループ会社であるシンキが運営している消費者金融商品の「ノーローン」です。

ノーローンは毎月、「7日間の無利息期間」があるのが最大の特徴です。従って、利息が付くのは借入日から8日目以降となり、借入日から7日目までに返済すれば、毎月、無利息でキャッシングができることになります。これは、非常にお得です。

また、ノーローンのもう一つの特徴といえるのが、利息に応じてポイントがつく「ポイントサービス」があることです。クレジットカードでショッピングした時にポイントが付くのは一般的になっていますが、キャッシングに対してポイントが付くというのは滅多にありません。

ちなみに、溜まったポイントはネットマイルやGポイント、楽天ポイントに交換できるので、有効に活用することができます。


手軽に借りるならレイクのカードローンがオススメ

突然の出費が重なってお金がなくなってしまうというのは誰しも経験があると思います。そんなときに一時的にお金があればなあ、と思ったことのある人は多いと思います。そんな人にオススメなのが、カードローンでのキャッシングです。
カードローンは、カードを発行してもらいそのカードを使って提携しているATMからお金を借りることができるというものです。ATMを利用出来るので、いつでもどこでも手軽にお金を借りられるのが大きなメリットでしょう。毎日を忙しく過ごしている人にオススメです。
そして、カードローンといってもいろいろな会社がある中で最もオススメなのが、レイクです。レイクは最近多くのCMが放送されているように非常に安心出来る会社です。また、レイクは五万円までの借り入れなら、しばらくの期間利息が無料になるというキャンペーンも行っています。借りたいけど利息が心配だ、という人はまずレイクのこのキャンペーンを利用してカードローンになれてみるのもオススメです。

入院費用をカードローンで借りました

私は急に胃が痛くなって、動けなくなりました。 タクシーにも乗れないような具合でしたので、救急車を呼んで病院に搬送されました。 ベッドに横になるのもつらい状態で、点滴を受けてやっと痛みが和らいできました。 病名は急性膵炎でした。私は痛みがほぼ治まったので、家に帰ろうと思ったのですが、急性膵炎は死亡率が30%で、非常に危険なことなので、入院するように言われました。 しかし、私は部屋に他の人がいると、眠れないので、個室がなければ入院はしません、と言いました。すると、丁度、個室が空いているので、入院出来ますと言われてしまいました。 私は母が亡くなってから、自分のことは自分で払わなければならない経済状態でしたので、入院費用が心配でした。保証人になってくれた叔母には迷惑をかけられないし、どうしようと思いました。 そして、入院は1週間に及びました。 私の急性膵炎は膵管に小さな胆石が入ってふたをするような状態になったことによって、膵臓が炎症を起こしたと言われました。 そこで、退院するときに、病院内にあるATMマシーンで、入院費用の一部を借りることにしました。カードローンで10万円ほどですが、借りました。 返済は仕事が再開出来るようになったら返そうと思っていました。

もちろん利用する際には、しっかりと返済のプランを立てておきましょう。返済プランがしっかりしていれば、カードローンは非常に手軽で便利な存在です。うまく付き合って生活をもっと便利にしましょう。


最新情報&更新情報

2013.4.10 サイトがオープンしました。